ミアヘルサ(7688)IPOの仮条件が決まっています。ミアヘルサIPOは、医薬事業を中心に介護事業と保育事業も行っていることで関心を集めているようです。

ただ、東京株式市場は新型コロナウイルスの影響によって暴落しているので、このままの状態が続くようだと、ミアヘルサに限らず3月のIPOも影響を受けそうですね。

ミアヘルサ

ミアヘルサIPOの関連記事

ミアヘルサIPOのBBスタンスとIPO評価!医薬関連IPO

ミアヘルサIPOの新規上場を承認!主幹事はみずほ証券

ミアヘルサIPOの仮条件

2,030円~2,330円

ミアヘルサIPOの仮条件は、想定価格の2,330円を上限に下方へ大きく拡げて設定されています。下方に大きく拡げているため、弱気な仮条件にも映りますが、公開価格が上限で決まれば、想定価格通りなので問題ないと思います。

ちなみに、ミアヘルサIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は16.1億円になります。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

ミアヘルサIPOの初値予想

2,600円→2,143円 (公開価格比:-187円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,500円)

ミアヘルサIPOは、リビングプラットフォームIPOドラフトIPOとの3社同時上場で、規模(吸収金額16.1億円)もそこそこあるため、需給面が良好とは言えません。

また、ミアヘルサIPOは福祉介護というテーマ性がありますが、調剤薬局「日生薬局」の運営を中心とした事業に目新しさはないため、事業面もインパクトに欠けます。

よって、ミアヘルサIPOは公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ミアヘルサIPOのその他初値予想はこちら

ミアヘルサIPOの幹事団

ミアヘルサIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
マネックス証券

ミアヘルサIPOは、それほど当選枚数が多くないため、主幹事のみずほ証券で当選できるかがポイントになります。

また、マネックス証券は平幹事の中では一番当選枚数がありそうなので要チェックです。


マネックス証券のIPOルール


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社