tripla(5136)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

tripla(トリプラ)IPOは宿泊業界のDX支援というタイムリーな事業を展開していることで注目度がアップしています。

triplaは概ね良い評価を得ているので、是非とも当選したいIPOですね。

tripla

tripla(5136)IPOの過去記事

triplaのIPO新規上場を承認!大和証券が主幹事

triplaのIPO評価とBBスタンス!宿泊業界のDX化

triplaのIPO初値予想!仮条件は上振れ

triplaのIPO配分数(割当数)

triplaのIPO配分数(割当数)は、主幹事の大和証券92%を占めていますが、それでも当選枚数はそれほど多くないため、かなりの倍率になりそうです。

また、100%平等抽選のマネックス証券楽天証券もそれなりにチャンスがありそうなので申込み必須ですね。

triplaのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券 (主幹事) 946,900株 92% 947枚 A
マネックス証券 30,800株 3% 308枚 B
みずほ証券 30,800株 3% 31枚
楽天証券 20,500株 2% 205枚 B
CONNECT ?株 ?% ?枚
合計 1,029,000株 100% 1,491枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

tripla(5136)IPOのBB(ブックビルディング)は11月9日から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら忘れずに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社