今年のIPOは、ここまで初値が公開価格を割れた銘柄はゼロという点では、まずまずのスタートを切ったと思います。

そこで、2021年4月までに新規承認したIPOの騰落率ワースト5をリストアップしてみました。今年は、このまま年末まで初値の公開価格割れはゼロでいきたいですね。

IPO騰落率ワースト5

2021年4月までのIPO初値騰落率ワースト5
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

2933
紀文食品
4月13日
みずほ証券
東証1部
55.3億円
1,160円
1,271円
111円
9.6%
2位

4193
ファブリカ
コミュニケーションズ
4月7日
東海東京証券
ジャスダック
35.3億円
6,000円
6,900円
900円
15%
3位

7367
セルム
4月6日
野村證券
ジャスダック
27億円
1,280円
1,502円
222円
17.3%
4位

5074
テスホールディングス
4月27日
大和証券
東証1部
191.6億円
1,700円
2,010円
310円
18.2%
5位

4432
ウイングアーク1st
3月16日
野村證券
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
東証1部
194.5億円
1,590円
2,000円
410円
25.8%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

今年のIPOは初値の公開価格割れがないため、ワースト5と言っても、どの銘柄も初値で売れば利益を得られたので、けして悪いというわけではありません。

ちなみに、昨年はコロナウィルスの影響が大きかったこともあり、同時期のワースト5は全て公開価格割れでした。

今年のIPOは、ここまで概ね順調に新規上場してきているので、今年後半もこの調子で大いに盛り上がってほしいですね。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング