木村工機(6231)IPOが、明日(3月13日)東京証券取引所2部市場へ新規上場します。木村工機IPOは、東証2部にしては規模が小さいため、需給面で関心を集めていました。

しかし、東京株式市場は新型コロナウイルスの影響で不安定な状況が続いているため、規模が小さくても当初より苦戦しそう雰囲気が漂っていますね。

木村工機

木村工機IPOの過去記事

フォースタートアップスと木村工機のIPO抽選結果!公開価格は仮条件の上限

木村工機IPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部の空調関連IPO

木村工機IPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

木村工機IPO上場直前の初値予想

2,600円 (公開価格比:+200円)

(※大手予想会社の初値予想:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,600円)

※主幹事証券会社の引受価格:2,208円

木村工機IPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた2,880円から2,600円に下方修正したいと思います。

木村工機IPOは、人気化しにくい東証2部の機械セクターですが、規模(吸収金額9.6億円)の小ささで、それなりの人気を集めると予想されていました。

しかし、地合いが新型コロナウイルスの影響で急激に悪化してしまったため、フォースタートアップスIPOリグアIPOとの3社同時上場という点も考慮すると、当初に予想していたよりも厳しい上場になりそうです。

よって、木村工機IPOは公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

木村工機IPOのその他初値予想はこちら

SMBC日興証券 オンライントレード

木村工機IPO初値決定前の気配運用

木村工機IPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の5,520円で、更新値幅138円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の1,800円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、600円以上で9,600円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング